want to の魔法の言葉「やってみな」

want to 魔法の言葉「やってみな」

   

新発見をする人はどんな言葉を繰り返しているのでしょうか。

他人からアドバイスを求められると、ついつい、「もう一度よく考えてみたほうがいいんじゃない」
とあいまいな、相手の行動を止める言葉を発したくなります。

だいたい、アドバイスされる側から見れば、結果がわかってるものが多いのです。
そりゃそうですよ。だって、アドバイスを求められる、ということは、
相手から経験者と認められているということですから。

そして、相手は未経験だからアドバイスを求めているわけですから。

そして、その根底には、
「失敗したくない」
「損したくない」
「責任をとりたくない」
というのがあるはずなんです。

しかし、そんなときほど、大事なのが、
「want to」したい!という本人の気持ちです。

はっきりいって、それが自殺行為でなければ、したければしたほうがいいのです。
その、したい気持ちがある限り、
うまくいこうがいくまいが、本人にとってはそれは、新発見であり、経験になるからです。

たとえ、失敗が目に見えていても
「やってみな」(それで気がすむなら)
と言ってあげるのは大事です。

もちろん、「それやったら死んじゃうよ」というときには「やめときな」。
それ以外は、「やってみな」です。

その一言がほしくて、きっとアドバイスを求めたり、求められたりしているのですから。

そして、アドバイスされた分野について、わからなくて「やってみな」と言えない場合は、
素直に「わからないなあ」と言える勇気が大切です。

そうしたら、人はさらに調べますから。

新発見している人の口癖、
それは、「やってみな」です。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!

満足感を得るには新発見が鍵

満足感を得るには新発見が鍵

   

満足すると
人は、「やめる」のです。

満腹になれば
食べるのをやめます。

試験に合格すれば
試験勉強はやめます。

旅行で旅先につくと
進むことをやめます。

売り上げ達成目標を達成すると
営業活動をやめます。

満足すると
「やめたくなる」

これ自体は大切な機能です。
これがおかしくなるのが
中毒症です。

中毒症は
不満と満足の繰り返しです。
不満な状態がベースになると
中毒症といわれる状態になります。

そんな中毒状態ではない、
やりたい状態を持続したければ、
「新しい発見」をしつづけることです。

何か行動するときに、満足を意識するのではなく
「新発見」を意識するのです。

人は、「新発見」を意識すると、わくわくしてきます。
やりたくてやりたくて仕方なくなってきます。
そして、新発見をすれば、もっと新発見をしたくなります。
発見をベースにした「やりたい」は、不満←→満足をベースにした「やりたい」とは全く別モノです。

では、どうすれば、「発見」を意識できるようになるのでしょうか。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!

want to感覚は満足感

want to感覚は満足感

   

したいことをしているはずなのに、
何か虚しい。

したいことをしているはずなのに、
満たされない。

こんなときは、要注意です。
その、「したいこと」は本当にしたいことでしょうか。

have toをした後に、したいと思うことの多くは、
「うさばらし」であることが多いのです。

何らかのhave toの後で
やけ食いをする。
やけ飲みをする。
やけ買いをする。
ばくちに走る。

そんなときは、本当に欲するものを
食べる
飲む
買う
賭ける
ことが、なぜかできません。

本当にしたいことの理由は
「ただ、本当にしたかったんだ」です。

純粋にしたい。他に理由はない。
そんな時にともなうひとつひとつの行動には、
満足感が漂います。

自分がしたいと思ってしたことの理由を
ちょっと考えてみましょう。

もし、「やりたくてやった」
と素直に言えなかったら、何か理由があるはずです。

そして、その理由となるものに
have toが潜んでいる場合があります。

have toはやめましょう。
そして、「want toでやれるとしたら、かわりに何をするか、何にするか」
ちょっと考えてみましょう。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!