あなたは天才 3 集中

_DSC5036 copy

目を閉じて体を動かさずに、

ただひたすら意識を呼吸に集中する。

たった5分間でも、それがとても困難だということが、まず最初に私をあ驚かせました。

何かに、「意図的に」集中するということは、

テクニックを要するのです。

そのテクニックは、意外とシンプルです。

心から「したい」と思ってから始めるか否かです。

試しに心から呼吸に集中したいと思って心の準備をしてから、始めてみましょう。

したい動機まで意識するとより効果的です。

「集中力を養うため」でもいいですし、

「息を認識することで、生きていることを実感するため」、

「自分の人生に変化を起こすため」でもいいです。

なんでもいいので動機・理由をつくり、はじめるのです。

ゴール設定をすることで、

集中することがより容易になるはずです。

動機もなく、やりたいと思うゴール設定もなくただ集中しようと思うと、

途端にこころは反発をはじめます。

余計なことを次々と考えはじめます。

have to な状態、

しなければならない状態、

やらされる状態になってしまいます。

途端に、プッシュ・プッシュバックの心の作用が起こり、

クルエイテェブアボイダンス(回避のための創造的逃避行動、つまり、言い訳、言い逃れ)

が始まります。

ゴールと心の状態とその動機を設定してからもう一度、

タイマーをセットして5分間目を閉じて、

呼吸に集中してみましょう。

あなたは天才 2 目をつぶる

IMG_0511

おはようございます。

いかがでしたでしょうか、5分間目をつぶった感想は。

座禅僧のように、

静かな場所で、

足を組み、手を組み、そして目をつぶっていただきました。

まだ、やっていない方は、ぜひ、5分間、タイマーをセットしてやってみましょう。

そして、呼吸にのみ集中するのです。

体を動かすことも、他の思考も一切せず、ただ、呼吸にのみ、集中するのです。

部位でいえば、鼻の出入り口のあたりに集中するのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうでしたか?

5分間、呼吸にのみ、集中できましたか?

目をつぶって呼吸に意識をするといろいろな発見があるのですが、

最初に発見できるのは、「呼吸にのみ集中」というのがいかに難しいか、ということです。

そこに集中しようとした途端、考え事が次々と浮かんでは消え、また浮かんでは消えます。

「いけない、いけない、集中」

と呼吸に意識を戻しても、

また、考え事が始まります。

考え事は、

言葉だったり、

映像だったり、

それにともなう感情だったりします。

それが、

次々とやってくるのです。

時には、

過去の記憶がやってきたりします。

自分の信念が浮かんできたりします。

そして、5分間のタイマー音が鳴り、

はっと目を開けると、

そこには視覚で確認できる外部世界があります。

___________________

さて、ここで疑問がわきます。

今おきた、次々と浮かんでは消えていった考え事は

だれもが同じような考え事をしているのでしょうか。

次々と浮かんでは消えていった考え事の正体は

何でしょうか。

次々と浮かんでは消えていった考え事は、

あなたの行動とどんな関係があるのでしょうか。

次々と浮かんでは消えていった考え事は、

一体どうやって出来上がっていったのでしょうか。

あなたは、天才!その1

IMG_0182

あなたも私も、天才なのです!

そう、天才なのです!

まぎれもなく、天才なのです!

ただ、ここで知ってほしいことがあります。

天才ってどういう才能なんでしょうか。

私たちは、理想を生きています。

誰もが、理想を生きているのです。

私たちは、理想を生きることができる、天才なのです。

その理想は、どうやってできているのか、知っておく必要があります。

今日は、ここで、タイマーを用意して、5分間、時間をとってやってほしいことがあります。

座禅僧のように、静かな場所で、足を組み、手を組み、そして目をつぶってください。

そして、呼吸にのみ集中するのです。

体を動かすことも、他の思考も一切せず、ただ、呼吸にのみ、集中するのです。

部位でいえば、鼻の出入り口のあたりです。

簡単ですね。

そして、終わったら、その感想を何かにメモしていおいてください。

その感想を、このサイトの問い合わせフォームに送ってくださっても結構です。

それではスタートです!

また、明日お会いしましょう。