want toなお金と、have toなお金

ゴール設定・ファイナンス編の続きです。

お金に色はありません。
お金に匂いはありません。
お金に感情はありません。
お金に美しさはありません。

お金自体には、何にもないのです。

しかし、人は、そのお金に様々な機能をもたせています。

ここが、大切です。

「人が」機能をもたせているのです。

人がお金に色をつけ、
人がお金に匂いを感じ、
人がお金に感情をもち、
人がお金に美しさを求めているだけです。

さて、コーチングにおいて、書籍等にもでてくる「have toはやめてしまおう」というフレーズですが、
これは、お金にも言えることです。

しかし、お金自体には、want to なお金とか、have toなお金といった性質はありません。
お金は、お金です。元来、対価交換の手段にすぎません。

では、お金のどこに、want to・have toが生まれるのでしょうか。

前回のブログの記事がヒントです。

それは
お金の入り(つまり、お金を稼ぐ、あるいは借りる、もらう)の部分と、
お金を使う、(つまり、資産を買う)部分に生じます。
ここさえしっかり押さえれば、いくらでもRICHになれます。

繰り返しますが、
お金自体にwant toなお金やhave toなお金があるわけではないのです。
お金にまつわる人間の営みが、want toだったり、have toなだけなのです。

それがわかると、お金に対して自由になります。
お金に対して自由である、というのは、入りと出に対して、have toを生み出すかwant toを生み出すか選択できる、ということです。
結果として、RICHになる選択も、POORになる選択もできるようになる、ということです。

日本のGDPは5兆円規模。

何しろ、世界にはお金があふれ、
日本は、その最たる国の一つですから、お金に対して自由になり、want toを選択できることは、大きなメリットを生みます。

では、具体的に、お金を使う、資産を買う部分のhave toとはなんでしょうか。
それは、他人に買わされた場合に生じます。
カツアゲにあう中学生は、HAVE TOでお金を使わされる、とりあげられているわけですから一目瞭然ですが、
そんなわかりやすい例だけでなく
たとえば、TVコマーシャルを見て、衝動買いしてしまった!(実は本当に必要ではなかった)とか
他人によく思われたくて買ってしまった!(誰もほめてくれない)といったものも含まれます。

どうすればいいのでしょうか。
答えは簡単です。
自分の、現状の外側にあるゴールに照らし合わせて、選択すればいいのです。
ゴール設定が、何より重要です。

では、肝心のお金を稼ぐ、借りる、もらうというお金の入りの部分のhave toとは何でしょうか。
ここは、とてもナーバスな部分ですので、メルマガ、セミナーでお伝えしていきます。

ぜひ、メルマガにご登録ください。

それから、次回セミナー「ゴールセッティングプラクティス」では、ファイナンスのゴール設定をとりあげます。

2017年1月29日(日)13時00分〜15時20分 東京都内
 「ゴールセッティングプラクティス 第3回」 6,000円

お申し込み詳細お問い合わせは、
hayashi.kjin@gmail.com
まで

ファイナンスのゴールは、単に今の年収に0を足せばいいのか?

コーチングの本を読んでいると、
「あなたの年収に0を一つ足してみてください」
というフレーズが出てきます。

たとえば、あなたの年収が500万円だとしたら、5000万円ですね。

「よし、これをゴールにしよう!」と思ってゴール設定するとします。
結果は、どうでしょうか。

もし、まっとうなコーチについて、このゴール設定をしたとすると、
何かが変わります。

というのも、本気で、年収5000万円の年収の世界をイメージするからです。
そして、年収5000万円という金額を、忘れるからです。

なぜ、年収5000万円の年収の世界をイメージできるのでしょうか。

答えを先に言ってしまえば、そのコーチが、年収5000万円の世界を知っているからです。

年収500万円の人が10倍働いて5000万円になるわけではないのです。
年収5000万円という世界は、年収500万円の世界とは、働き方も、顧客も、生活も、融資の受け方も、資産の作り方も、他の分野のゴールも何もかにも違うのです。
その世界を、コーチが確信できるので、コーチといっしょにいるあなたもイメージできるのです。

ということは、大切なのは、現状の外側にある、望ましいファイナンスのイメージであり、
具体的な「金額」「年収」ではありません。

もっといえば、「金額」「年収」という具体的な数値をゴールにしてはなりません。

この0を足した「金額」「年収」は、現状の外側の世界を、イメージさせる「きっかけ」にすぎないのです。

そして、この「きっかけ」の作業は、とても有効です。

ぜひ、本気で0を増やして、その世界をイメージしてみましょう。
単に、収入が増えたからいろいろなものが買える!で終わってはなりません。
お金の流れをイメージするのです。

具体的には、そのゴールのファイナンスの世界を、PL(損益計算書)とBS(バランスシート)で表現してみましょう。
このとき、「健全な」PLとBSが描けたなら、その世界があなたのファイナンスのゴール像となります。
なぜなら、資産の重要性に気づき、他のゴールの重要性に気づくからです。
そして、「ファイナンス」、つまり「金融」、つまり「お金の融資」を受ける根拠ができるからです。

次回ゴールセッティングプラクティスでは、ファイナンスのゴール設定をとりあげます。

2017年1月29日(日)13時00分〜15時20分 東京都内
 「ゴールセッティングプラクティス 第3回」 6,000円

お申し込み詳細お問い合わせは、
hayashi.kjin@gmail.com
まで

生活費とファイナンス

前回にひきつづき、ファイナンスのお話です。

生活にお金が必要だ、と心配している方に質問しました。
「では、生活には、一体いくらかかるのでしょうか。」

生活費の定義から入りたいと思います。

生活費とは、その名のとおり、「生きるために必要な費用」です。
人生時間を作るための費用です。

ということは、健康のゴールと深く関わります。
まず、健康のゴールを立てることなしに、生活費を計算することは、不可能です。

さて、生きていくためには、最低限「衣食住」が不可欠です。

それでは、健康に生きていくのに必要な衣食住は?
ご自分の健康のゴールに即して、衣食住の「モノ」を特定する必要があります。

必要不可欠な要素を知るためには、禅宗のお寺の修行僧の人々がとても参考になります。

必要な衣は、木綿の衣が2組あれば、足ります。衣服の洗濯は、水とバケツがあればできます。
食事は、精進料理で、米・味・噌・醤油・豆腐・根菜類・野菜が中心です。そして調理のための、水とガスがあればいいわけです。薪があれば足りるという修行僧の方もいらっしゃります。
住には、心地よくねれる空間と、布団があれば、足ります。家は、居候でもいいですし、風呂なしトイレ共同でよければ、月3万円くらいからあります。
室町時代に生まれた4畳半は、人が安心してすごすことができる空間として確立しています。
掃除用具として、バケツ、布、ほうき、ちりとりがあれば、たいていの掃除ができます。

そう考えますと、月3万円くらいで生活できるはずです。東京都内でも、5万円くらいで生活できます。
もし、この生活を体験したい、という方がいらっしゃったら、ぜひ、禅寺に行けば、座禅修行として体験させていただけます。
座禅をしなくても、精進料理だけ食べれるお寺もあります。
ちなみに、鎌倉時代の僧侶は、みな、長命でした。

浄土宗の開祖法然は、79歳
浄土真宗の開祖親鸞は、89歳
時宗の開祖一遍は、50歳
法華宗の開祖日蓮は、60歳
臨済宗の開祖栄西は、74歳
曹洞宗の開祖道元は、53歳

です。

鎌倉時代の平均寿命は、幼少期の死亡率が高かったため、一概に現在と比較はできませんが、
35歳前後といわれています。
また、平安時代の貴族の長寿のお祝い「五八の賀」が40歳、
栄養状態が当時の庶民より良い鎌倉幕府の執権の平均が47歳ですから、
いずれにしても、まともに修行をした僧の寿命は、平均寿命の倍近く生きているわけです。

話は戻りますが、僧侶の生活は、「生きる」「健康」という視点で何が必要か、という本質を見るのに、とても参考になります。
必要なものは、それほどないのです。
ですから、それ以外は、「趣味・仕事・地域貢献・社会貢献・国際貢献・学習」といった他のゴールに使っていると考えるのです。

たとえば、木綿の衣下着2着以外の洋服は、趣味の費用と考えます。
米野菜以外の食材や外食はすべて趣味の費用。
携帯電話は、仕事の費用。
本を買ったりするのは、学習。
月10万円の家賃の家を借りるのであれば、それは家という趣味の費用。

生活費がかかる、と思っていても、実はそれは、他人の視点、場合によっては、テレビコマーシャルに出る企業が宣伝する生活水準が基準となっていて、
本当の意味での生活費以外の、余計なものが、知らず知らずのうちに脳裏に染み付いているだけだったりします。

本当の意味での生活費は、たいした金額にはならないのです。
それを実感したかったら、
1ヶ月間、物々交換をしながら、生活にお金を使わずに生活してみるか、
お寺に参禅してみればわかります。

そうすると、実は、健康のゴールはもちろん、仕事のゴール、趣味のゴール、学習のゴール、社会貢献のゴールが重要だとわかります。
そして、ファイナンスのゴールも、もちろん重要です。
繰り返しになりますが、ファイナンスのポイントは、「お金の使い道」です。

では、どのようにお金は使えばいいのでしょうか。
それは、消えてなくなる消費は、本当に意味での生活費、自分という生き物のエネルギーに必要なものへの対価に使うだけにし、残りは、他のゴールの資産に使うのです。
ですから、消費財の選定は、ファイナンスにおいて、とても重要です。
これが、個人のゴール達成のための、ファイナンスの基本中の基本です。

次回ゴールセッティングプラクティスでは、ファイナンスのゴール設定をとりあげます。

2017年1月29日(日)13時00分〜15時20分 東京都内
 「ゴールセッティングプラクティス 第3回」 6,000円

お申し込み詳細お問い合わせは、
hayashi.kjin@gmail.com
まで