秋祭りに行ってみよう

秋祭りに行ってみよう

   

10月に入って、大変涼しくなりましたね。
秋祭りシーズンです。

私の地元の神社でも秋祭りがあり、大変盛り上がりました。

神社、というと、元旦のお参り、七五三、といった節分、行事になんとなく行く方も多いと思いますが、
地域に必ずある、地域を結びつける場でもあります。
神社のおもしろいところは、宗教(宗、つまり長たる誰かの教え)ではないところです。
誰がいってもよく、誰がどのように関わってもいいところです。

あえていえば、その地域、地域のエネルギーが集約されている場とでもいいましょうか。

ですから、なにかあったら、神社に行くといいのです。

私は、出張先、行った先、行った先で必ずちょっと神社に行ってご挨拶します。

そうすると、不思議とその地域での活動がスムーズに行きます。

「地域貢献のゴール」というと、とたんに?になりがちな昨今ですが、

神社に行くところからはじめてはいかがでしょうか?

ゆとりあるファイナンス人生のスタート

ゆとりあるファイナンス人生とは

   

動画の中で3つのポイントをあげていますが、
とりわけ大切なのは、
人との関係性です。

趣味のゴールがあう人がいれば、
物物交換は、すんなりいきます。

これは、洋の東西を問いません。

ちょうど今、フランスに来ています。
いっしょに遊んでいるフランス人家族は、
日本美術が好き。

私たちは、フランス美術が好き。

当然、彼らはフランス文化に精通していて、家族中2人は建築家。
私たちも、日本文化の担い手を自負しているのですが、

お互い、ジャズ好きでもあります。

私のジャズ歴は、ミッシェル・ペトロチャー二ウィントン・マルサレス
富士山の麓で聞いたことから始まるのですが、

今日、フランスのマルシアックでウィントン・マルサレスのコンサートを聴きます。

彼は、このマルシアックのジャズ際をスタートさせた功労者で、
まさか、フランスのファミリーといっしょに楽しむことができるなんて!

いっしょに楽しめる人がいる。

これは
ひとりで楽しい!から始まります。

そして、
いっしょに楽しめる人は、
もう一人いれば最高にhappyなのです。

そこから、フェスティバルは始まります。

人生は、毎日がフェスティバル。

動画も配信中。

夏だからこそ、「ゆとり」について考えてみよう。
そして、繰り返しやってくる毎日を、わくわくどきどきする毎日に、変えてみよう。

ジャーナリズムと社会貢献

ジャーナリズムと社会貢献

   

自分の人生を考えるとは、
自分のゴールを考えることです。

いくら過去を賞賛してみても
いくら過去を嘆いてみても
何も変わりません。

まず、自分のゴールを考えることからはじまります。

では、自分の生きる社会について考えるとは
どのようなことでしょうか。

ひとつの考えは、社会のゴールを考えることでしょう。
ただし、社会のゴールを考えることは、簡単ではありません。

現在の社会状況を知ることも必要です。
どのように人間が社会を形成してきたのか、という知識も必要です。

ジャーナリズムの精神は、民主主義運動によって生まれました。
今回の動画ではそれを簡単に説明しましたが、
優れたジャーナリストは、現在の社会状況を知る上で不可欠な存在なのです。

つまり、ジャーナリストであることも、ジャーナリストを支えることも、
ともに民主主義社会における社会貢献、社会運動の一部です。

では、なぜ、民主主義運動は起きたのでしょうか。
それは、個人のゴールは、社会によって常に制限されてきたからです。
個人と社会は当然ながら、つながっています。
つまり、個人のゴールと社会のゴールは、無関係ではありえないということです。

自分がどんな社会を望んでいるのか。
そして、自分が望んでいる社会に、自分はどうかかわりたいのか。
ジャーナリズムをきっかけに、社会貢献のゴールを思い浮かべてみませんか。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!