金曜カフェ「エフィカシーへの誤解」「アファメーションと臨場感」

金曜コーチングカフェ2018/4/8「エフィカシーへの誤解」「アファメーションに臨場感を持たせる」

   

今回のテーマは、2つ。
「<エフィカシーが高い>という表現への誤解」
「アファメーションに臨場感を持たせるコツ」

栄養が足りないと、健康状態が悪くなるように、人生に問題が山積するときには、必ず足りなくなるものがあります。
それが、エフィカシー。
エフィカシーとは、「自己のゴール設定に対する達成能力の自己評価」のことをいう、コーチング用語です。
エフィカシーが足りない、という状態は、「私はできる!」という気持ちが萎えているか、そもそも、自分のゴールがわからなくなてってしまっている状態です。
マンネリ化、もこれに該当します。
実は、マンネリ化は人生・会社・組織に問題を生む原因のナンバーワンです。

これに効果的なのが、コーチング、そして、アファメーションです。
アファメーションは、言葉を使って、自分の内部表現、自分の無意識を書き換える技術です。

「エフィカシー」、「アファメーション」というコーチング用語が?な方は、ぜひ、
苫米地英人『アファメンーション』(フォレスト出版)をご一読ください。
この春、新たなスタートを切るのにぴったりな知識がつまっています。

また、4月15日(日)開催のワーク型セミナー「ワークワークス」で、アファメーションに臨場感を持たせるワークを行います。初めて、という方も大丈夫。ぜひ、ご参加ください。
お申し込み・詳細は↓
http://www.sugimoto-works.com/group-session2.html

なお、動画中に出てきます、東京八王子市の礒沼酪農ファームは、こちらです。
http://isonuma-farm.com/

金曜カフェ「行動エネルギー」

金曜コーチングカフェ2018/3/30 行動エネルギー

   

今回のテーマは、行動の源となるエネルギーについて。
それも、want toの、さらに源となるものとは?
という問いに答えます。

金曜カフェ「子供の教育」

金曜コーチングカフェ2018/3/23 子供の教育

   

今回のテーマは、こどもの教育。
「どんなことに気をつけて、親は子供を教育したらいよいか」「子供をどんな職業につかせたらいいか」という2点について、コーチングの視点から答えていきます。

なお、コーチ敬人が動画中に言及している活動のサイトは以下のとおりです。
「10歳からの論理教育 寺子屋TEN」 http://terakoya10.blog.jp/
「中高生のための小論文教室」 http://telephonewriting.com/