突然、生きる道に迷ったら

今まで順調に生きてきた

今まで何の疑問もなくうまくいっていた

それなのに

突然

得体の知れない不安に襲われたり

一体どうしたらよいのかわからなくなったり

まわりから反対を受けたりすることがあります。

一体これは

どうしたことだろう?

とまどっているうちに

ぼうぜんとしているうちに

時間だけが流れていく。

実は、こんなときは、

チャンスなのです。

なぜ?

それは、

自分のゴールを

現状の外側に

心からやりたいことを

設定するチャンスだからです。

もしかしたら

あなたは今まで

本当に自分がのぞむゴールを

設定してこなかったのかもしれません。

それでも、

なんとかみんなのゴールを達成してこれたのかもしれません。

もしかしたら

あなたは

ゴールを達成してしまい

無気力になってしまっているのかもしれません。

実は、

ゴールは、

今の現状から

離れていればはなれているだけ

エネルギーをうんでいきます。

満足してしまうと

人は何もしたくなくなるのです。

また、

本当にのぞむゴールでないと

ある程度まではごまかせても

結局エネルギー不足になってしまうのです。

大丈夫、

ここで、

本当にのぞむゴールを、

今の現状からとびぬけてはずれたゴールを

設定すればいいのです。

もしもゴールを視覚化するならば

IMG_0288

自分のゴールを視覚化し、イメージするときには、
周辺部分をとりいれることは、重要です。

私は、日本のスイミングスクールで水泳を教わったため、
屋内プールがほとんどでした。

暗くて、ジメッとしていて、カビっぽくて、塩素の匂いがすごくて、嫌でした。

学校のプールは、梅雨時、秋は寒くていやでした。

夏に海で泳ぐのはすきだったのですが、プールはどうも苦手でした。

カリフォルニアのスイミングプールにきて思ったことは、「これなら泳ぎたくなるよな!」

屋外プールで、浄化装置もしっかりしていて、塩素くさくなく、いつも青空。
朝の6時からトレーニングは始まるのですが、寒くない。むしろ、昼間の暑い時間よりも泳ぎやすい。

なにより、この青空!

周辺環境までふくめた、「〜したくなるよな!」というビジュアルイメージは、ゴールの視覚化に重要です。

ビジネスの成功

IMG_0182

昨日、3年前から会いたかった人に、とうとうお会いしました。
そのために、アメリカ合衆国にやってきました。

実は、アメリカ合衆国を訪れたことはありませんでした。
25年前に、ブラジルにいく途中、飛行機の乗り換えでロサンジェルスに6時間いたことはあるのですが、
それは、その国を訪れたうちに入らないでしょう。

3年間会いたいと思っていた人ですから、
どうしてもいろいろと想像をしていました。

そして、お会いしてから一晩寝て、様々なことがわかってきました。
一言でいえば、多くのインスピレーションがわいてくるのです。

なぜ、人は人に会いに行くのでしょうか。
自分のゴール、ゴール達成に必要なインスピレーションを得るため、というのが一つの理由として私にはあります。

もちろん、会うにあたって、いろいろと調べるわけです。
しかし、会ってみて、初めてわかることが山ほどあります。

しかも、会ってから数時間、数日してからじわじわとわかることがあるのです。

私にとって、アメリカ合衆国までその人にあいにきてよくわかったことの一つは、「ビジネス」です。
「ビジネス」には、魅力があるのです。

やればやるだけ、増え、大きくなっていく、魅力。
仕掛ければ仕掛けただけまわりだす、魅力。
組織・チームで大きくしていく魅力。

思いもしなかったことなのですが、
お会いしたその人がビジネスを心から好きなのだということを感じて、

さらに、
思いもしなかったことに気づくのでした、

「私は、アメリカのビジネスというものを感じにきたのだ」

ゴール設定をしても、何がどうやってそのゴールにたどりつくのか、全く方法はわかりません。
しかし、ゴールに向かって思い、行動しているうちに、思わぬところから光明がさしてくるのです。

これが、現状の外側にゴール設定をすると、次々とゴールへの手がかりが見えて来るという脳のメカニズムのおもしろいところです。