want to感覚をオーダーメイドで鍛える

want to感覚をオーダーメイドで鍛える

   

したいことをする、したくないことはしない。
これは、人生の基本です。

ただ、この、したい、したくないは、
本当か?と疑ぐってみる必要があります。

たとえば、詐欺にひっかかる人は、
したくてしているのです。
ただし、詐欺にひっかかりたい人はいませんから、
したくてした結果的、したくないことをやっています。

多くは、「儲けたい」とか「きれいになりたい」とか「ラクしたい」といった
「欲」「煩悩」を刺激されて、
後で考えてみれば「んなはずだいだろう!」
というありえないような条件で契約してしまったり
とんでもないものを買ってしまったりするのです。

もちろん、「儲ける」ことも「きれいになる」ことも「ラクする」ことも
悪いことではありません。

「欲」、「煩悩」を刺激されて
選択決定を相手にコントロールされていることがまずいのです。

テレビコマーシャル、広告、看板等
現代社会は、「欲」「煩悩」を刺激して
「したい」という気持ちを起こさせるものであふれています。

他人に刺激されてしたくなるのではなく、
自らしたいことをするには、
ちょっとした訓練が必要です。

動画では、メニューを見ないで、オーダーするエクセサイズを紹介しています。

たとえ、オーダーしたものがメニューにあったとしても、
メニューを見ずにオーダーして、オーダー通りに商品が用意されれば、
オーダーしたものから見れば、オーダーメイドです。

最初にイメージがあって、
洋服を何枚も試着して
イメージどおりのものが見つかったとしたら、
やはり、オーダーメイドと同じ価値があります。

手元にあるものを手直しして
イメージ通りのものにしたら、
それはオーダーメイドと同じ価値があります。

もちろん、オーダーメイド専門家にオーダーメイド注文をしてもいいでしょう。

お店の店員さんはもちろん、サービス業全般のサービスマンは、
みな、自分のオーダーメードを手伝ってくれる人だと考えるのです。

オーダーメイドの価値は、
自分のしたいことを実現するために調査し、表現する行為と、
それにともなう満足感にあります。

要するに、たとえメーカーにつくってもらうにせよ、自分の頭と体は使うということです。

want to で生きてないな、と思ったら、
ぜひ、このオーダーメイドトレーニングをやってみてください。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!

健康は足元から

健康は足元から

   

健康について考えるとき、
一番おざなりになりやすい体の部位は、
足です。

しかし、この足は、あらゆる健康状態を
端的に表しています。

健康な方の足の裏は
手と同じようにきれいで
ふにゃふにゃです。

人間ははきものをはいていますが、
はきものをはかない犬も足のうらはふにゃふにゃです。

人間は犬ではありませんが、
足のうらの綺麗さと、健康はつながっていると私は実感しています。

ぜひ、健康は
足元から考えてみてください。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!

ジャーナリズムと社会貢献

ジャーナリズムと社会貢献

   

自分の人生を考えるとは、
自分のゴールを考えることです。

いくら過去を賞賛してみても
いくら過去を嘆いてみても
何も変わりません。

まず、自分のゴールを考えることからはじまります。

では、自分の生きる社会について考えるとは
どのようなことでしょうか。

ひとつの考えは、社会のゴールを考えることでしょう。
ただし、社会のゴールを考えることは、簡単ではありません。

現在の社会状況を知ることも必要です。
どのように人間が社会を形成してきたのか、という知識も必要です。

ジャーナリズムの精神は、民主主義運動によって生まれました。
今回の動画ではそれを簡単に説明しましたが、
優れたジャーナリストは、現在の社会状況を知る上で不可欠な存在なのです。

つまり、ジャーナリストであることも、ジャーナリストを支えることも、
ともに民主主義社会における社会貢献、社会運動の一部です。

では、なぜ、民主主義運動は起きたのでしょうか。
それは、個人のゴールは、社会によって常に制限されてきたからです。
個人と社会は当然ながら、つながっています。
つまり、個人のゴールと社会のゴールは、無関係ではありえないということです。

自分がどんな社会を望んでいるのか。
そして、自分が望んでいる社会に、自分はどうかかわりたいのか。
ジャーナリズムをきっかけに、社会貢献のゴールを思い浮かべてみませんか。

変えるのは、今だ!
When will you change it ? Now!