2019.10.21

009 コーチングセッションの契約と対価

一度身につけたコーチングの技術は、人生のあらゆるシーンで有用です。

私も、日常生活の中で、「自らのゴールのために」意図して使う場合もあれば、無意識に使ってしまっている場合もあります。

ただし、他人にコーチングをするときには、「契約書」をかわし、「時間対価」をいただき、「100%クライアントのために」すべての技術を駆使してコーチングを行います。

理由は3つ。

1つ目。

苫米地式コーチングの技術は、世界中の軍、諜報機関で求められるような、パワフルで最先端の技術が盛り込まれています。安易に他人に教え伝えるようなものではないからです。

2つ目。
苫米地式コーチングの技術は、非言語、体感が重要です。そして、一定期間の時間が必要です。安直にお話しをしておしまい、というものではないのです。さらに重要なのは、本人の自覚です。コーチングの技術は意図して使う場合もありますが、多くの場合、無意識に行い、無意識に結果が出てしまいます。自己責任がとれるまでは、コーチのフォローが不可欠です。契約期間をしっかり設けて行わないと、危険なのです。

3つ目。
コーチングは単なる知識伝達ではなく、クライアントの人生を変えるものです。そして、コーチはそれだけのスキルを身につけるために多大な時間とお金と経験をつんでいます。たいていのプロフェッショナルコーチは、人には言えないとんでもない経験をもっているものです。コーチング料金はいわば、コーチの人生時間を買い取る時間対価。ですから、プロのコーチであればあるほど、コーチングに見合った時間対価をとるのです。

さて。

世の中には、様々なサービス、商品があふれています。

その中でも、コーチングセッションの対価価値は一番高いものだといっても過言ではないでしょう。

コーチングを受けたことで、海外へと活動が広がった人もいれば、今世に2つとない夢の家を建てた人もいます。ある団体で理事となって世界に誇る団体に育てている人もいますし、サラリーマンからクリエイティブな世界へ転職し、活躍する人もいます。

コーチングの費用対効果は人それぞれとはいえ、お金にすれば億円単位です。

そんなサービス・商品は他にみあたりません。

クライアントさんの中には、宝飾品や素敵なドレス、夢の家やマンション、高級車、会社の所有権や経営権、それまでなかった売り上げ等々を、コーチングを受けたことで手に入れています。コーチング後も。後から見ればコーチングの費用対効果ともいえなくもないですが、コーチは通常、結果に対する対価設定は高額すぎてできませんし、していません。ですから、コーチングの価格は、コーチの時間対価なのです。もちろん、その時間対価が宝飾品といったものより段違いに安いはずはありません。

もし、契約もない、料金も家電製品なみ、なんていうコーチングがあったとしたら、それは、その程度のもので、コーチングとは名ばかりだと思った方がいいでしょう。